リンパマッサージ師になるには資格が必要!

どう生かすかを考える

マッサージ

学び方はさまざま

リンパマッサージの資格を取得する時には、まずはその資格のことをよく知ることが大切になります。リンパマッサージはあくまで民間の資格のため、国家資格のような統一された基準がありません。そのため「リンパの流れを良くして、美容やダイエット効果をもたらす」という点は同じであっても、取得までにかかる費用や時間、さらにどのような施術ができるのかはその資格によって違ってきます。学べる内容をしっかりとチェックすることが大切になります。また、リンパマッサージは人の身体に直接触って行うものとなります。そのため、リンパマッサージの他に整体などの資格を持っている人が新たにメニューを増やすために資格を取る場合には、すでに人の身体に直接触って施術をするということがよくわかっている人が学ぶことになります。そのため、時間をかけてたっぷりと学ばなくてもある程度のことがわかっている人も多いので、取得までの時間が短くても問題がないかもしれません。しかし全くの素人が資格を取る場合は、どのような心構えで人の身体に触れるのかという点から学んでいかなければいけません。そのため、基礎からじっくりと学ぶことができる講座を選ぶ方がいいといえます。学び方には実際に通学で学ぶ講座と、通信教育でも学べるものがありますが、やはり実際に人の身体に触って学ぶことができる通学講座の方が後々のことを考えると実践しやすくなります。趣味の範囲で終わらせるのか、起業して施術を積極的に行っていきたいのかで資格取得の方法を選ぶようにすると良いでしょう。

看護を学ぶための奨学金

女医

病院奨学金は、公立や私立の病院が看護学生に対して支給する奨学金です。貸与型ですが、卒業後にその病院に一定期間勤めれば、返済が免除されるという特徴があります。学費の手当と将来の就職先が同時に得られるという、メリットの多い制度です。

社会のために働ける

メンズ

ソーシャルワーカーを名乗るためには、社会福祉士と精神保健福祉士の資格を持っておく必要があります。福祉施設では必ずこれら人材が必要になり、待遇が良いでしょう。また一般養成施設では、働いている方でも資格取得のための勉強が可能です。

整骨院で働くために

男の人

スポーツの業界から介護業界まで幅広く活躍できる柔道整復師は、国家資格であり独立開業も可能な職種です。専門学校などの柔道整復学科で資格取得を目指せ、社会人でも夜間開講がある学校で働きながら学べます。需要の高い職種のため、職の不安を軽減したい方にも良い選択です。