リンパマッサージ師になるには資格が必要!

社会のために働ける

メンズ

配置の状況と取得方法

ソーシャルワーカーとして必要な資格として挙げられるものは主に二つあります。一つは社会福祉士、もう一つは精神保健福祉士です。いずれも国家資格で、社会福祉士は全般的な領域におけるソーシャルワーカー、精神保健福祉士は精神科領域を専門とするソーシャルワーカーです。社会福祉士は高齢者の介護などの相談を受けたりする「地域包括支援センター」において配置が義務づけられており、そのほか、様々な福祉施設などにおいても積極的に配置していることが多いです。精神保健福祉士は精神科病院や精神障害者の福祉施設などにおいて配置されており、特に精神科病院においては精神科リハビリテーションを担うことができるなど専門性の高い資格でもあります。社会福祉士も精神保健福祉士も、医療機関において配置することで診療報酬の点数の加算の対象になることがあります。また、福祉施設においても有資格者の配置基準として定めていることも多いです。このように、ソーシャルワーカーは医療や福祉の分野において有資格者の配置を義務づけていたり、加算の対象になったりします。その分、有資格者に対して資格手当などといった待遇面で優遇することもあります。さて、ソーシャルワーカーになるためには社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得する必要がありますが、福祉系大学以外にも資格取得の道があります。大卒の未経験者や、高卒や短大・専門学校卒で相談援助に関する実務経験者を対象とした「一般養成施設」というものがあります。一般養成施設はいわばソーシャルワーカーの養成学校で、働きながら受験資格を取得できるよう通信制や夜間制の学校もあります。実務経験によっては実習が免除される場合もあります。